行政書士の年収は

年収の上下の幅が大きいのが行政書士。

開業している人の中には3,000万円近くの年収を稼いでいる人がいます。
一方、事務所に雇われている場合は低い方で年収が200万円程度のケースも存在します。

したがって、一概に年収が高いとも低いともいえません。

行政書士としての働き方は主に3つのタイプがあります。

一つは弁護士や公認会計士が運営している事務所に雇われて働いているスタイルです。

行政書士としての経験を積むために仕事をしている人が多く、年収は低いのですが、そこで自分のスキルを高めた後は独立して開業することでより高い年収を目指すことが可能です。

企業に雇われている行政書士もいます。
この場合は、ある程度高い年収を期待することができます。大体、400万円から700万円の間ぐらいであると考えておきましょう。


最後に、独立開業している行政書士がいます。
この場合は、上手く営業をしてたくさんの仕事を引き受けることによって、高年収を実現可能です。1,000万円から3,000万円ぐらいの年収の方がいます。


以上のように、どのような働き方をしているかによって年収条件は異なります。
高い年収を希望するなら開業するべきなのですが、当然リスクが生じます。自分の行政書士としての能力を見極めて、最も力を発揮できそうな選択をすることが大切です。そうすることによって、安定した年収を得ることができるでしょう。

行政書士として働くことができるようになれば、
少なくともお金に困ることはありません。