行政書士とは

行政書士とは行政書士法によって定められた国家資格です。
役所に提出する申請書類の作成や提出の代理を行ったり、
遺言書の事実証明や契約書の作成などを行います。

現代は住民と行政の関連が密になっているため、書類を提出する機会は増えています。

書類の中には専門的な知識が必要とされるものも少なくありません。

そんな時に行政書士の力を借りることによって、
法的に正しくて明確な書類を作成して、提出することができます。

行政書士は官公署に提出する書類の代書的業務だけではなく、
より複雑で多様なコンサルティング的な内容を含む許認可手続きの業務も行っています。

これからはますます行政手続きが複雑となることが予想されることから、
その期待は大きくなっています。

行政書士にしかできない業務が存在するため、
資格を取得することによって安定した収入を得ることが可能です。

なるためには試験を受ける必要があります。

ただし、弁護士や弁理士、公認会計士の方については
試験を受けなくてもなることが可能です。

試験に合格したならば、
日本行政書士会連合会の名簿に登録をしなければいけません。

登録をすることができて、初めて名乗ることができるようになり、
専門の業務に携わることができるようになります。

個人や企業から依頼を受けて仕事をしています。
行政書士が作成できる書類の数は数千種類にも及ぶため、
数多くの業務をこなさなければいけません。

そのため大変なのですが、やりがいを感じて多くの行政書士が働いています。

>>独学で行政書士を目指そうという方はこちらのブログを参照<<